私が理想の男性と結婚できた理由

こんにちは!

あずさです。

今では、大好きな主人と幸せに暮らしていますが、
主人と出会う前は、ほんと〜にモテなくて、数年間彼氏がいませんでした。

同期の結婚話を聞くたびに、一応「おめでとう〜!」とは言うけれど、
心の中では

「なんで私より地味でスタイルもいまいちなあの子が結婚できて、私が結婚できないの!?」

と叫んでたり。(マジで最低ですね・・・)

「もう一生結婚できないかも・・・」

とベットで考えて寝れなくなってしまったことも。

そんな私が一髪逆転・満塁ホームランを打って、主人と結婚し、理想の生活を手に入れようとしている話です。

プライドばかり高い勘違い女

職場に出会いがなかったため、誘われた合コンは二つ返事で行ってました。

その頃の理想の男性は、

「自分よりも学歴が高く、稼いでいるエリートサラリーマン」

合コンに行っても、自分よりもいい会社で働いているか・年収が高そうかどうか
ばかり見ていました。

その頃は、寿退社に憧れていて、
「海外駐在とかについていくとか楽しそうだな〜。お手伝いさんもいるし、ラクそう〜」

とかふざけたことを考えていたので、大手メーカーとかの合コンだとウキウキでしたね(笑)

男性が自分よりも学歴が低い、稼いでいないということがあり得ないと思っていました。

一生懸命、雑誌のモテる特集を見て、ファッション・メイクをマネして。
モテる仕草やセリフを使ってみたり。

けれども、まーモテない(笑)
ぶっちゃけモテる以前に、あまりにも必死すぎてひかれていました・・・(泣)

今ならモテない理由も明確に分かるし、そもそもやっていたことが小手先のテクニックだらけで
本質をついていなかったからなんですけどね。

そんなことをしている間に、周囲はどんどん結婚していき
第二次結婚ラッシュと呼ばれる30代に突入する間際になった頃、

「このままだと本当に売れ残る・・・売れ残りとか恥ずかしすぎる!
なんとか第二次結婚ラッシュの波に乗りたい!!」

と思い、本格的に婚活を始める決意をします。

目からウロコだった恋愛コンサル

あまりにもモテなさすぎて、流石にこの頃には今までと同じように、雑誌のモテる特集をマネしていくだけでは
ダメだということには気付いていました。

であれこれ悩んだ挙句、とある恋愛コンサルを受けることにします。

恋愛コンサルを受けた際、一番始めにやったことは理想の男性リストを書き、
どんな生活を送りたいかを考えることでした。
もちろん、高学歴・エリートサラリーマンと結婚したかった私は一番先に
「年収1,000万」というとんでもない条件を書きました(汗)

そのほかにも、「外資系企業はいきなりクビになったりしそうだから嫌」とか

「起業家は収入が不安定そうだから嫌とか」(苦笑)

「年収は高望みしたから、外見は妥協しよう」とか
もはや何様目線だよって書いてて自分でもツッコミ入れたくなります・・・

そして、旅行が好きだから一緒に旅行をしてくれる人とか、
家事を分担してやってくれる人とか。

そうして、いざコンサルをしてもらったのですが、

「矛盾していない?」

という言葉でした。

そもそも、日本のサラリーマンで年収1,000万なんてほんの一握り。
ましてや外資系が嫌とか、年齢は30代前半がいいとか言うとほぼそんな人はいない。
そして、日本のサラリーマンの場合、年収が高い=仕事の拘束時間がとても長く、家にほとんどいない状況。
なので、一緒に旅行に行ったりとか、家事を分担してもらうのは厳しいのでは。

どうしても1,000万ないと理想の生活ができないのであれば、世帯収入で1,000万でも良いのでは?

というアドバイスを頂いて、再度理想の男性と理想の生活についてめっちゃ考えました。

私にとって理想の男性・理想の生活とは?

最終的に行き着いた理想の生活は

・毎日一緒に夕ご飯を食べ、一日の出来事を報告する

・寝る時には、ぎゅーってしてもらって幸せを感じながら寝る

・家事は完全に分担制。たまには主人がご飯を作ってくれる

・休みの日は、一緒に家でまったりテレビを見たりするか、デート

・年に最低2回は旅行に行く

・お互いに夢中になれることを見つけて応援しあえる

本当にどこにでもいそうで平凡とも言われそうな生活でした。

結局、年収1,000万以上というのは、私の見栄でした。


年収1,000万以上あるハイスペと結婚ができた私ってすごい!


周囲に勝ち組って思われたい!


ただ、それだけのことでした。

周囲にすごいと思われたいのであれば、
結婚相手がすごいのではなく、私自身がすごくなれば良くない?
そもそも、今の仕事は好きじゃないけど、稼ぐことは好きだし。
1,000万稼いでなくても、一緒に家事をしてくれたり、デートをしてくれたり、
旅行に行ったりして、二人の時間を大切にしてくれる人がいいな。

と考えるようになりました。

そして、この生活をするためにどういう人が理想かと考え、
再度理想の男性リストを作り直し、今の主人と出会うことができました。

婚活の海を数年彷徨った私が辿りついた理想の男性とは

理想の男性とは理想通りの生活を一緒にできる人

と私は思います。

自分がこういう生活をしたいからと考えると、おのずと理想の男性が見えてくる気がします。

私はこのことに気が付けたから、理想の男性と結婚できました。

理想の生活をするために今頑張っていること

結婚後、理想の生活を夫婦で何度となく話し合いをしました。

願掛けで、金運アップの神社にお参りしに行ったことも

そして、理想の生活をするために、会社員として働きながら
主人は株を含めてお金全般の勉強をし、私はビジネスをしています。

将来、主人と2人で豊かになるためのお金全般の情報発信をするのが私の密かな夢です。

海外旅行にのんびり1週間とか行きながら、旅先で情報発信をしたり。
早期リタイアして、九州とかに移住するのもいいな〜。

とか妄想して日々励んでいます。

もちろん、転職して会社員として世帯年収1,000万を目指すのも良いですが
女性には働けなくなる時期があります。また、今は良くても、あと10年後に同じように働いているところを想像できますか?私には想像できませんでした。

だからこそ、ビジネスで会社に依存せずに収入を得る方法を身に付け、
10年後に今と同じだけ働かなくても理想の生活ができるように日々ビジネスに取り組んでいます。

是非感想など聞かせてもらえると嬉しいです。

アラサー事務OLが夫と人生を楽しむために働き方を変えた方法をPDFにて無料で公開中


私は大好きな夫と結婚し、夫婦共働きで頑張って働いていましたが、時間もお金も余裕がなく、いつも疲れ、主人に八つ当たりをし、ギクシャクしていました。
しかし、一通のメルマガにてビジネスを始めたら、未来に希望がもてるようになり、主人と理想の生活や夢を語るようになりました

共通の夢ができたことにより、夫婦の話題も増え、幸せな毎日です。

>>詳しいプロフィールを見てみる

「夫と幸せな生活をするために結婚したのに、今の生活は本当に幸せ?」
と疑問を抱くようになりました。

そんなときに、

普通の事務OLだった方が夫婦で起業をしている記事を見つけ
その方法に驚きました。

その方法はインターネットを使って商品を販売する方法=ネットビジネスでした。

この方法であれば、

収入に上限がなく、
時間も場所も自由に選び
やりがいを感じながらも働ける

ことを知りました。

この働き方について、昔の私のような人に届けたくて
無料メールマガジンで伝えていくことにしました。

今だけメルマガ登録のお礼に無料特典をお送りしていますので
ぜひこちらから受け取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です